情報一覧

【講座・実習】「まちなかボランティア養成講座」

まち全体の「おもてなし度」をアップさせるため、「高い語学力や
知識はないけれど、来街者に親切にしたい!」という方のための
『まちなかボランティア養成講座』を開催します。
思いを形にする“はじめの一歩”を踏み出すキッカケを作りませんか?

講座は「講義」と「実習」の2本立てで構成されます。講義を1回受けた後、
実習に2回参加することで「まちなかボランティア」として認定され、
修了証やバッジなどをお渡しします。

○講座名 :まちなかボランティア養成講座
○内容  :ボランティアの基礎知識とコミュニケーション(講座) 
      イベントのボランティア体験(実習2回)
○参加条件:千葉市内に在住・在勤・在学で16歳以上の方
○参加費 :無料

  ●講義:ボランティアの基本的な心構えと共に、コミュニケーションのノウハウや、
      情報の入手方法などをコンパクトに学べます。以下の中から都合の良い日を
      一日選んで受講してください。(どの日も講義の内容は同じです。)
   日時:2017年 7月29日(土)13:30~16:30
            9月 9日(土)13:30~16:30
           11月11日(土)13:30~16:30
      2018年 2月17日(土)13:30~16:30
   会場:千葉市民活動支援センター 会議室
   定員:各20名(事前申込先着順)
   内容:ボランティアの基礎知識、外国からの来街者(インバウンド)の見通し、
      コミュニケーションのノウハウ、障害者とのコミュニケーション、
      千葉市の成り立ち、千葉市の観光資源、情報の入手方法と
      最新コミュニケーションツール 等
   ※主な講師はこちら。

  ●実習:千葉市で開催されるイベントの会場内で、実際に案内を体験する実習です。
      6回の開催日(詳細は講義の際にご案内します)から、都合に合わせて
      2回以上参加してください。来年度以降にも実習日を設けます。

○申込方法:講座名「まちなかボランティア養成講座」、氏名、住所、
      年齢、電話番号、メールアドレス、講座参加希望日を明記の上、
      千葉市民活動支援センターへFAXかメールでお送りください。
       FAX:043-227-3082
       メール:info@chiba-npo.net

まちボラチラシ_表まちボラチラシ_裏
まちボラチラシ ← PDFはこちら。
2017/07/19

【講座】「市民活動ステップアップ講座」開催

市民活動団体の組織運営に従事している人や、これからしようとしている人を
対象に、組織運営に必要な様々な専門領域における知識やスキル、考え方などを
身につけることを目的とした「市民活動ステップアップ講座」を年度内に複数回
開催します。その第一弾・第二弾のご案内です。

(1)「市民活動の“本当の基礎”~誤解をなくしてメリットを活かそう!~」
○日時:2017年8月5日(土)10:00~12:00
○講師:原田正隆(千葉市民活動支援センター・センター長)
 市民活動やNPOの基礎講座は、とかく原則や法制度などの話が中心になり、
 「○○はできない」「○○しなければならない」という点が強調されがちです。
 しかし本当に大切なのは、「○○をやってもよい」「○○が利用できる」と
 いうことです。メリットを活かせば、今よりもっと活動を広げることが
 できるでしょう。誤解しやすい点や、マニュアルには載っていないような
 ことを中心に講師がお話しする、「中級者向けの基礎講座」です。
 今さら聞けないと思っていた疑問・質問にもお答えします。

(2)「NPOのリーダーシップ~会員やスタッフ・顧客の心をつかむ組織運営とは?~」
○日時:2017年9月2日(土)18:00~20:00
○講師:虎岩雅明さん(特定非営利活動法人TRYWARP代表理事)
 NPOも組織。活動する上でリーダーの存在は欠かせませんが、組織運営は、
 営利を目的としていないからこその難しさもあります。特に、会員やスタッフを
 “獲得”するには、ただ良い活動をしているというだけでは不十分です。
 千葉大学在学中にNPO法人を設立し、多くの学生スタッフとともに
 パソコン講習やコミュニティ事業を展開し、現在も多様な人の参加を得て
 活動を行っている虎岩雅明さんに、掲題のテーマでお話を伺います。
 「メンバーがついてきてくれない…」といった悩みをお持ちの
 リーダーの方は必見です!

※(1)、(2)共通
○会場:千葉市民活動支援センター 会議室
○定員:24名(お申込み先着順)
○参加費:無料
○お申込み方法:千葉市民活動支援センターまで、メール、FAX、
 TELにて、以下の項目をご連絡ください。
 1.講座名、2.お名前、3.ご住所(市区町村名までで可)、
 4.連絡先(電話またはメール)、5.所属団体(個人での参加も可)
 ・TEL:043-227-3081
 ・FAX:043-227-3082
 ・メール:info@chiba-npo.net

2017市民活動ステップアップ講座チラシ
2017市民活動ステップアップ講座チラシ ← PDFはこちら
2017/07/19

【個別相談】平成29年度「専門家による個別相談」開催

市民活動団体の方や、市民活動をしている、または市民活動を始めたいと
お考えの個人の方を対象として、「専門家による個別相談」を開催します。
ぜひ、ご利用下さい。

◆相談は1回50分、1日2団体まで。
※要予約(相談日の7日前の18時まで受付)

■税理士による個別相談
NPOの会計、帳簿・経理に関わる問題、認定NPOなど
日頃疑問に思うことや困りごとを、気軽に相談してみませんか?
>>7月の開催予定はこちら。
>>8月の開催予定はこちら。

■行政書士による個別相談
NPO設立の手続きや、運営に関する書類の作成等、日頃
困っていることなど気軽に行政書士に相談してみませんか?
>>7月の開催予定はこちら。
>>8月の開催予定はこちら。

■NPO運営・市民活動入門相談
団体を作ろうと思っている方、何から始めたらいいかと
お悩みの方も、お気軽にご相談ください。
>>7月の開催予定はこちら。
>>8月の開催予定はこちら。

■社会保険労務士による個別相談
団体運営に欠かせないスタッフ募集、雇い方、社会保険や
給与の支払い方法などにお悩みの方は、ご相談ください。
>>7月の開催予定はこちら。
>>8月の開催予定はこちら。

■インターネット活用相談
インターネットによる情報発信やSNS(FacebookやTwitterなど)の活用、
またパソコン周辺環境などの相談ができます。
>>7月の開催予定はこちら。
>>8月の開催予定はこちら。

■広報相談
団体が発信したい情報を効果的に発信するツールや
その方法について相談ができます。
>>7月の開催予定はこちら。
>>8月の開催予定はこちら。
2017/07/19

【講座】手話講習会(初級)受講生募集!

「千葉市療育センターふれあいの家」より「手話講習会(初級)」のご案内です。

開催日:
 《木曜コース》平成29年9月7日(木)~11月30日(木)までの
        毎週木曜日(全12回)※11月23日は除く
 《土曜コース》平成29年9月2日(土)~11月25日(土)までの
        毎週土曜日(全12回)※9月23日は除く
時 間:《木曜コース》 13:30~15:30
    《土曜コース》 9:45~11:45
会 場:千葉市療育センター分館「ふれあいの家」2階 多目的室
    ※講習期間中はお車での来所はご遠慮下さい
対 象:聴覚障害者の福祉に理解と熱意のある市内在住・又は在勤、在学で
    18歳以上の手話初心者
定 員:各コース50人(申込多数の場合抽選)※初参加者優先
受講料:無料。但しテキスト代は各自負担(600円)

申 込:記載事項を明記の上、往復葉書・E-mailにて8/16(必着)迄に
    下記申し込み先まで。
     〒261-0003 千葉市美浜区高浜3-3-1はまのわ内1・2F
     千葉市療育センターふれあいの家
     メール:fureai1981@bz04.plala.or.jp
    【記載事項】
    1.氏名〈フリガナ〉2.希望コース〈木・土〉3.住所 4.電話番号
    5.当施設の講習会参加歴
    ※申し込み結果は締切り後、速やかに当方よりお知らせ致します。
    ※上記期間を過ぎた場合でも、定員に余裕があれば随時受け付け致します。
     まずはお電話にてお問い合わせ下さい。

問合せ:千葉市療育センターふれあいの家
    TEL:043(216)5130
    メール:fureai1981@bz04.plala.or.jp
    ※月曜祝日は,休館となります。

手話初級講習会2017
手話初級講習会2017 ← PDFはこちら。
2017/07/19

【講座】ボランティア相談員養成基礎研修講座

千葉いのちの電話」からのご案内です。

第30期ボランティア相談員養成基礎研修講座
「オープンダイアローグとは何か」-開かれた対話の力-

講師 :斎藤 環 氏 (筑波大学教授・精神科医) 
日時 :2017年10月2日(月)13:30~15:30
場所 :千葉市民会館 小ホール
定員 :120名(要予約)
参加費:一般500円(資料代・当日)
    ※養成講座受講生は無料

対人援助に関心のある方はどなたでも参加できます。
     
お申込み・お問い合わせ
   千葉いのちの電話
    電話 :043-222-4416
    FAX:043-227-6911

千葉いのちの電話公開講座
千葉いのちの電話公開講座 ← PDFはこちら。
2017/07/15

【募集】平成29年度「ちばコラボ大賞」連携事例の募集

千葉県からのご案内です。

県内には、福祉や環境、子育て、まちづくりなどの様々な分野で、
NPO(市民活動団体)と地縁団体、社会福祉協議会、学校・大学、
企業、行政機関等とが連携して地域の課題解決に取り組み、成果を
上げている事例がたくさんあります。
県では、連携による地域づくりを促進するため、他のモデルとなるような
優れた事例を表彰する「ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)」の候補事例を
今年度も募集します。

■募集期間
 平成29年6月2日(金)~平成29年8月2日(水)

■募集する事例
 次に掲げる要件をすべて満たす事例とします。
 ・地縁団体、社会福祉協議会、学校・大学、企業等とNPOの二団体以上の
  連携事例、又はそれらに行政機関を含む三団体以上の連携事例、及びこれらが
  協議体として取り組んだ連携事例であること。
 ・現在継続中又は終了後1年以内の県内で取り組まれた事例であること。
 ・県内で取り組まれている事例であること。
 ・連携して事例に取り組んでいる団体のうち、一つ以上の団体が県内に事務所を
  有すること。
 ・行政機関からの委託事業により取り組まれている事例ではないこと。

■応募方法
 ・書類を郵送または持参により応募ください。
 ・自薦、他薦は問いませんが、自薦の場合は1団体1事例までとします。
  なお、応募にあたっては、必ず各連携団体の了解を得るようにしてください。
 ※提出書類等はこちらから。

■審査基準
 ・目的、先駆性、連携度、成果、発展性などの観点から総合的に評価します。
  なお、審査にあたっては、現地調査、ヒアリング、資料の提出等のご協力を
  お願いする場合があります。

■表彰式
 ・賞状の贈呈と、受賞者による事例発表を行います。

■問い合わせ及び応募先
 〒260-8667千葉市中央区市場町1-1(県庁本庁舎4階)
 千葉県環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班
  電話 :043-223-4147
  FAX:043-221-5858
  E-mail:npo-vo@mz.pref.chiba.lg.jp

H29ちばコラボ大賞_表H29ちばコラボ大賞オモテ_裏
H29ちばコラボ大賞 ← PDFはこちら
2017/07/13

【助成】「未来を強くする子育てプロジェクト」子育て支援活動の表彰

●名称  :第11回『未来を強くする子育てプロジェクト』子育て支援活動の表彰

●支援種別:表彰、副賞
 
●主催  :住友生命保険相互会社
 
●応募地域:全国
 
●募集対象:より良い子育て環境づくりに資する活動を行い、
成果を上げている個人・団体(規模は問いません)を対象とします。
 
●規定
1.子育て支援に資する諸活動を継続的に行っていること。
2.活動内容が社会に認められ、ロールモデルとなりうるものであること。
3.活動の公表を了承していただける個人・団体であること。
4.日本国内で活動している個人・団体であること。
 
●表彰
◎文部科学大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎厚生労働大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎スミセイ未来大賞/表彰状、副賞100万円  ※2組程度
◎スミセイ未来賞/表彰状、副賞50万円 ※10組程度
 
●募集期間
2017年7月7日(金)~2017年9月8日(金) 必着
 
●宛先・お問合せ先
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2-14-7 光ビル
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
TEL:03-3265-2283
FAX:03-3265-2267

●応募用紙など、詳しくはこちら
2017/07/11

【ちばさぽ】印刷機利用料金改定のお知らせ

平成29年6月1日より、印刷機のご利用にあたりまして、
これまでの製版代に加え、新たにインク代のご負担を
お願いさせていただくことになりました。

インク代は、印刷100枚につき10円です。
印刷枚数が1~100枚までの場合は10円、
101~200枚までの場合は20円、と
いったように加算されます。

皆さまのご理解とご協力を、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
2017/06/20

【講座】生ごみ堆肥で素敵に土作り!4回連続講座開催

「ビオスの会」より連続講座のご案内です。

台所から出る生ごみで堆肥を作り、ごみの減量と自家製野菜作りに
挑戦します。4回連続講座で、あなたも素敵なキッチンガーデンを
作ってみませんか。

○講座名:「生ごみを減らして野菜を育てよう」
○開催日時:7/8(土)、8/5(土)、10/7(土)、12/2(土)
      10時~12時 ※4回目は10時~14時
○会場:真砂コミュニティセンター、美浜保健福祉センター
○材料費:1,000円
○定員20人(要事前申込)
○申込締切:7/5(水)
○お申込み・お問い合わせ
 主催 :NPO法人ビオスの会
 TEL:043-279-0487
     090-5824-9709
 メール:jungfrau512@m6.gyao.ne.jp
 担当 :津本純子
※初回(7/8)に、容器一式を持ち帰っていただきます。(お届け可)

2017生ごみ連続講座チラシ
2017生ごみ連続講座チラシ ← PDFはこちら。
2017/06/20

【助成】障害児者に対する自立支援活動への助成募集

洲崎福祉財団」からのご案内です。

●名称  :平成29年度上期 助成募集
●支援種別:助成金
●支援元 :公益財団法人 洲崎福祉財団
●応募地域:首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
●応募資格
 ・原則として非営利法人とし、個人及び営利法人は除外。
 ・法人格でない場合でも、3年以上の継続的な活動実績があり
  組織的に活動を行っているグループであれば対象。
 ・法人としての年間収益が2億円以上は対象外とします。
 ・助成金受領から、1年間(2期)お申込みはできません。
●支援対象:障害児者に対する自立支援活動(難病支援含む、当事者団体でも可)
●支援金額:1件あたりの上限額200万円 総額1000万円予定(下限額は10万円)
●応募期間:平成29年6月1日から平成29年7月31日(消印有効)
●申込方法:所定の申込書に記入の上、提出書類と共に郵送
※申込書、必要な提出書類などの詳細はこちら。
●お問合わせ
  公益財団法人 洲崎福祉財団 事務局
  電話:03-6870-2019
2017/05/27

【講座】話の聴き方を磨く「傾聴技法」

子供・若者支援センター」より、傾聴技法講座(千葉市会場)のご案内です。

開催日:7/23、8/27、9/24、10/29、
    11/26、12/24の全6回(すべて日曜日)
時間 :13:00~17:00
会場 :千葉不動産流通協同組合(ライブリー中央ビル)
対象 :20歳以上の市民
講師 :産業カウンセラー有資格者
定員 :20名
費用 :6,000円(テキスト代・会場費)

申込、問合せ
   TEL・FAX:0476-29-4225 
   子供・若者支援センター 理事長 小谷野

※講座内容、申込方法の詳細、費用の支払方法については、
 チラシをご確認ください。
H2907_話の聴き方を磨く「傾聴技法」
話の聴き方を磨く「傾聴技法」 ←PDFはこちら
2017/05/01

【ボランティア】緑と水辺の基金「ちょいサポ宣言」

千葉市からのご案内です。

緑と水辺の基金の認知度向上や寄附活動等をより幅広く展開するため、
市の取り組みにご協力いただけるサポーター(企業・団体・個人)を募集します。
「微力ながら応援したい」「ちょこっとだけ参加したい」と思いの方、大歓迎です!

<サポーターの活動>
以下の活動例を参考に、皆様の出来る範囲でご協力ください。
なお、期間中に最低1回の活動報告をお願いします。
【緑と水辺の基金サポーターの活動例】
1.広報
  ①ソーシャルメディアを通じた情報の発信
   (自社のHPやメールに、緑と水辺の基金サイトのリンク貼付をするなど)
  ②基金パンフレット等広報物を配布
   (来客者や各種イベントの来場者に対して)
  ③サポートのPR
   (自社のHPや製品、広告、名刺、メール等に「緑と水辺の基金サポート企業です」
   又は「緑と水辺の基金を応援しています」といった旨を記載)
2.設置協力
  ①募金箱の設置(各自で用意)
  ②寄附金付き自動販売機の設置
3.物品提供(市民配布用)
  ①花の種・苗
  ②ちはなちゃんぬいぐるみ
  ③ちはなちゃん名刺 など
4.その他
  上記以外でも、サポート可能な内容がありましたら自由にご提案ください。

<申込期間及び活動期間>
平成29年4月1日~平成30年3月31日
申込書(チラシ裏面)に必要事項を記入し、緑政課までメール(又はFAX)を
送付してください。

緑と水辺の基金「ちょいサポ宣言」 表緑と水辺の基金「ちょいサポ宣言」 裏
緑と水辺の基金「ちょいサポ宣言」 ← PDFはこちら
2017/04/20

【ボランティア】「募金箱デコり隊」大募集!!

千葉市からのご案内です。

「緑と水辺の基金」を市民により広く周知し、注目してもらえるよう、あなたの趣味を
活かし募金箱を美しくデコレーションして、一緒に基金活動を盛り上げましょう!

<対象>
千葉市の「緑と水辺の基金」への取り組みに賛同していただける方(個人もしくは団体)

<メリット>
・市の「緑と水辺の基金」ホームページ上で、作成していただいた募金箱を紹介します。
・区役所などの市内の公共施設に、あなたの作品が設置されます。
(期間設定をする場合があります。)
・募金箱と一緒に作成者名を表示できます。

<申込方法>
 申込書(別紙)に必要事項を記入し、緑政課までメール又はFAXを送付。
※先着順(選考有)

<申込期間>
平成29年4月1日~平成30年3月31日

<注意事項>
・作成した募金箱は千葉市に寄付していただきます。
・この取り組みにかかる費用、報酬等の支給はありません。
・デザインは第三者の有する著作権等に抵触しないこととします。

緑と水辺の基金「募金箱デコり隊」表緑と水辺の基金「募金箱デコり隊」裏
緑と水辺の基金「募金箱デコり隊」 ← PDFはこちら。
2017/04/20

【講座・実習】「まちなかボランティア養成講座」講師紹介

センター主催で開催の「まちなかボランティア養成講座」の
主な講師のご紹介です。

●小亀さおりさん
・千葉市観光プロモーション課海外集客班 嘱託職員、元国際線客室乗務員、
 前千葉シティ5BEACHエンジェルス(千葉市観光PR大使)
・講義「コミュニケーションのノウハウ」「千葉市の観光資源」担当
○大学卒業後、シンガポール航空に入社。国際線に乗務し、気配り、正しい礼儀作法の
 おもてなしで、きめ細かいサービスに従事。海外在住経験を活かした日本人としての
 国際マナーを得意とする。オリジナル曲「幕張の浜」のSaori Project
 ボーカルとしても活動中。

●高山功一さん
・一般社団法人千葉市身体障害者連合会 会長、千葉市身体障害者福祉会 会長
・講義「障害者とのコミュニケーション」担当
○北海道斜里郡出身。1965年、川崎製鉄(当時)千葉製鉄所入社。1969年、
 圧延機の点検・手入れ中に右腕を巻き込まれ、上腕を切断。その後も勤務を続けながら、
 千葉市身体障害者福祉会に入会し、理事、広報委員、ソフトボールチーム監督などを歴任。
 千葉市身体障害者相談員も務める。

●吉谷地裕さん
・公益財団法人日本交通公社 観光地域研究部 主任研究員
・講義「外国からの来街者(インバウンド)の見通し」
   「情報の入手方法と最新コミュニケーションツール」担当
○岩手県出身。千葉大学工学部工業意匠学科卒業後、同大学大学院などを経て2006年、
 財団法人日本交通公社(当時)研究員に。観光計画、観光推進組織・体制、地域資源の
 活用などを専門領域としており、観光統計、SNSやウェブツールを活用した情報収集にも
 知見が深い。

講座の詳細はこちら
2017/07/13

【個別相談】広報相談【8月分】

団体が発信したい情報を効果的に発信するツールや
その方法について相談ができます。ご活用ください。

*要予約(相談日の7日前の18時まで受付)

◇開催日 :2017年8月29日(火)
◇開催時間:18:00~18:50、19:00~19:50の2回
◇開催場所:千葉市民活動支援センター
◇相談員 :齋田清孝氏(有限会社青葉コミュニケーション代表取締役)
◇定員  :1日2団体まで ※1団体50分
◇参加費 :無料
◇対象  :NPO・ボランティア活動をしている団体・個人

※お申込み
「広報相談」と明記の上、希望の日時、お名前、
ご住所、ご連絡先(TEL、FAX、E-mail)、所属団体(あれば)を、
千葉市民活動支援センターまでご連絡ください。
TEL:043-227-3081 FAX:043-227-3082 E-mail:info@chiba-npo.net
講座・相談
2017/07/02
1 / 5012345...102030...最後 »