【講座】「休眠預金活用と社会的インパクト評価の最新動向」講座開催 (※終了しました)

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ」からのご案内です。

休眠預金等に係る資金の活用に関する法律が制定され、地域の
「民間公益活動団体」にも資金配分されます。新たな資金循環を
創り出せるよう、NPOがその意義と内容を理解し、活用にあたり
何が求められるのかを学ぶ講座です。必要となる社会的インパクト
評価の考え方や最新動向などについても学びます。

○講座名:H29年千葉県市民活動団体マネジメントセミナー
    ~休眠預金活用による新たな資金循環の創出について~
    「休眠預金活用と社会的インパクト評価の最新動向」
○対象 :市民活動に関心のある方、行政職員を含む助成金担当者など
○開催日:平成29年10月14日(土)
○時間 :13:30~16:30
○会場 :千葉市ビジネス支援センター 会議室1・2(きぼーる13階)
○定員 :60名(先着順・要予約)
○参加費:無料
○講師 :鴨崎貴泰(かもざきよしひろ)さん
     (認定NPO法人 日本ファンドレイジング協会事務局長)
○講座内容(予定)
 〈レクチャー1〉内閣府「休眠預金等活用審議会」の協議の内容、
         今後の動向について
 〈ワーク1〉  資金をどう活用するか、具体的な事業イメージを
         作成してみよう
 〈レクチャー2〉社会的インパクト評価とは?視点と休眠預金活用との
         関連について
 〈ワーク2〉  簡単なロジックモデルを作成してみよう

○申込み・問い合わせ
 10/12までに電話かメールにて
  ・ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
  ・電話 :043-303-1688
  ・メール:npo-club@par.odn.ne.jp

休眠預金講座チラシ10.14_ページ_1休眠預金講座チラシ10.14_ページ_2
休眠預金講座チラシ10.14 ← PDFはこちら
2017/09/05