【図書】「ちばさぽ図書コーナー」お薦め図書

「ちばさぽ図書コーナー」から、
2冊の「お薦め図書」をご紹介します。

1.「アイディア・バイブル」
 マイケル・マハルコ著、ダイヤモンド社

「発想の真髄、ここに存り」。帯の一言がぴったりの本。
最近、良いアイディアがうかばない、頭が固くなった、など
お悩みの方は必読です。「マンダラチャート」「死者の書」
「夢日記」「ブルートシンク」など“発想力”を養うための
38のツールが紹介されています。ゲームを楽しむように
学べます。
(分類:イベント・企画)

2.「発想法の使い方」
 加藤 昌治著、日本経済新聞出版社

同じく「発想法」の本。著者は、大手広告代理店勤務。
マーケティングPR領域などで活躍。多数の受賞歴をもつ広告の達人。
「アイディアとはわがままから生まれる」「わがままとは公私混同」
「個人の経験を場に出そう」など、みなさんの参考になりそうな言葉がいっぱい。
アイディア書き出しのさまざまなやり方も図式で、わかりやすくご紹介。
ポケットサイズなのもうれしい。
(分類:NPOのマネジメント)
2016/07/31