【コラム】「クラウドファンディングって?」その2

クラウドファンディング(以下CFと略)で資金調達に成功した「NPO子どものまち」の
代表・山本香菜子(やまもとかなこ)さんを取材しました。


Q:なぜCFを利用したのですか?
A:活動拠点の中志津中央商店街の「まちの縁側」が売却されることになり、
  購入資金をなんとか確保したいと思いCFを考えました。

Q:CF運営会社の選択はどうしましたか?
A:子ども、地域活動の実績が多い「READYFOR(レディフォー)」をえらびました。
  但し、手数料17%。さらに成功報酬型であるため、達成しないと“ゼロ”に
  なってしまうリスクはありました。

Q:目標額の達成には、どんな努力をしましたか?
A:ホームページ、フェイスブックなどを利用してのPR、名刺交換をした人たちへ
  直接コンタクトをとったり、やれることはすべてやりました。金額は、3千円から
  30万円までの区切りで、リターン(お礼の品)は、子ども達のサンクスレター
  (ドリンク券付き)の他、1万円以上には、まちの縁側一口家主、子ども達の
  手作りコースター、など金額に応じて色々組み合わせをしました。

Q:結果はどうでしたか?
A:2ヶ月で目標額200万円。支援者は代行して入金した人を含むと113人で達成しました!! 
  支援者は、約70%が知人、30%がネット等で知り合った方々でした。

Q:CFを達成して、感じたことはなんでしょう?
A:自分たちの活動のPRを通じてたくさんの方と関われたこと、“あしながおじさん”のような人々に
  たくさん出会えたことです。

Q:これからの課題はありますか?
A:場所を購入するためには、あと350万ほど不足ですが、今後は募金など違う形で
  資金集めをするつもりです。


これからまだまだやらなくてはいけない課題がありますが、
新たな活動の大きなステップになったということです。


通信2015年7月号P2(ミニコラム ちばさぽの風 vol.8)転載
2015/07/21