助成金情報

【助成】2016年度 コープみらい財団「社会貢献活動表彰・助成団体」募集  (※募集は終了しました)

コープみらい財団は、豊かな地域社会づくり活動を行っている市民団体を
応援するために「コープみらい地域かがやき賞」の表彰制度と、市民団体の
取り組みに助成する「コープみらいくらしと地域づくり助成」を設置し
募集を行います。

■コープみらい「地域かがやき賞」 (※募集は終了しました)
 地域の課題解決のために優れた活動・事業に尽力している団体に対しての
 功績を表彰します。
 表彰内容:該当団体の設立から2016年3月末までの活動・事業
      各都県より5団体ずつ・副賞20万円
      ※地域かがやき賞受賞団体から特に優れた団体に、各都県より1団体ずつ
       「コープみらいかがやき大賞」を表彰。(副賞10万円)
 応募期間:2016年9月5日(月)~9月30日(金)当日消印有効
 
■コープみらい「くらしと地域づくり助成」
 くらしや文化の向上、社会発展、地域の活性化をめざす市民団体の
 2017年度の活動・事業に対して助成します。
 助成内容:2017年3月21日~2018年2月末までの
      活動・事業計画予算額の半分を助成
      ※1団体につき原則として10万円を上限に助成
 応募期間:2016年10月3日(月)~11月11日(金)当日消印有効

■それぞれのお申込み方法、応募書類等はこちら2016年度社会貢献活動表彰・助成団体募集オモテ 2016年度社会貢献活動表彰・助成団体募集ウラ
2016年度社会貢献活動表彰・助成団体募集 ← PDFはこちら
2016/08/30

【助成】「第4回エクセレントNPO大賞」募集 (※募集は終了しました)

『エクセレントNPO』をめざそう市民会議」から
「第4回エクセレントNPO大賞」募集のご案内です。

「エクセレントNPO大賞」は、「市民性」、「課題解決力」、
「組織安定性」の3つの視点から選出されます。
今回から審査過程においてクラウドファンディングに挑戦できる
機会があります。非営利組織でがんばっているみなさまを応援
いたします。ふるってご応募ください。

○賞の構成
 ・エクセレントNPO大賞〈賞状・賞金50万円〉
 ・市民賞〈賞状・賞金50万円〉
 ・課題解決力賞〈賞状・賞金50万円〉
 ・組織力賞〈賞状・賞金50万円〉

○応募資格
 国内外における社会貢献を目的とした市民による日本国内の
 NPOなど種々の民間非営利組織(法人格の有無不問)
 ※自薦・他薦可

○応募期間
 2016年7月8日(金)~8月27日(土)

○応募方法
 ホームページより応募書類をダウンロードし、
 メール(enpo@genron-npo.net)にてご提出ください。

 1.応募団体プロフィール
 2.自己採点表
 3.事業のアピール(第2次審査:クラウド・ファンディングに向けて)
   ※第2次審査に進む団体は、別途、クラウド・ファンディング用の
    資料をご提出いただきます。
 4.事業報告書、年次報告書など事業概要が分かるもの (PDF、
   もしくはURLを記載)
 5.会計報告書 (PDF、もしくはURLを記載)
 6.代表者及び役員リスト(PDF、もしくはURLを記載)

○表彰
 2016年12月上旬に東京都内にて。

○主催
 「エクセレントNPO」をめざそう市民会議
 (認定NPO法人 言論NPO 内)

○事務局
 応募受付・審査進行管理:「エクセレントNPO」をめざそう市民会議事務局
 TEL:03-5643-5537(平日9:30~17:30まで受付)
2016/07/28

【助成】「未来を強くする子育てプロジェクト」子育て支援活動の表彰 (※募集は終了しました)

●名称  :第10回『未来を強くする子育てプロジェクト』子育て支援活動の表彰
 
●支援種別:表彰、副賞
 
●主催  :住友生命保険相互会社
 
●応募地域:全国
 
●募集対象:より良い子育て環境づくりに資する活動を行い、
成果を上げている個人・団体(規模は問いません)を対象とします。
※東日本大震災などの大きな災害(激甚被害)における被災者の支援、
 復興のために子育て支援活動を行う個人・団体も募集します。
 
●規定
①子育て支援に資する諸活動を継続的に行っていること。
②活動内容が社会に認められ、ロールモデルとなりうるものであること。
③活動の公表を了承していただける個人・団体であること。
④日本国内で活動している個人・団体であること。
⑤震災復興応援特別賞の対象については、東日本大震災などの大きな災害
 (激甚被害)における被災者の支援復興のために子育て支援活動を行う
 個人・団体であること。
 
●表彰
◎文部科学大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎厚生労働大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎スミセイ未来大賞/表彰状、副賞100万円  ※2組程度
◎スミセイ未来賞/表彰状、副賞50万円 ※10組程度
◎スミセイ震災復興応援特別賞/表彰状、副賞50万円 ※3組程度
 
●募集期間
2016年7月7日(木)~2016年9月5日(月) 必着
 
●宛先・お問合せ先
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2-14-7 光ビル
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
TEL:03-3265-2283
FAX:03-3265-2267

●応募用紙など、詳しくはこちら
2016/06/29

平成28年度「消費生活の安定及び向上に向けた県民提案事業」の募集について (※募集は終了しました)

「千葉県環境生活部くらし安全推進課」からのご案内

消費生活に関する課題解決に向けた取組を推進するため、消費生活の安定及び向上を目的とした
啓発事業や実践事業を実施していただける地域団体や消費者団体等からの企画提案を募集します。

1.募集事業
  事業期間は、実績報告を含め、平成29年2月28日(火曜日)までに完了するものとします。なお、
  原則として募集する事業は広く一般県民に効果が及ぶものとし、事業の実施に当たっては
  関係市町村との連携(助言、協働、情報共有等)を前提とします。

2.募集期間
  平成28年6月14日(火)から7月8日(金)まで(17時必着)

3.応募資格
  県内に活動拠点を有する団体・グループ等

4.応募方法
  募集要項を御覧の上、応募用紙に必要事項を記載して、申し込み先まで持参又は送付。

5.説明会の開催
  日程:平成28年6月22日(水)10:30~12:00
  会場:千葉県庁南庁舎別館2階 第7会議室

6.問い合わせ
  千葉県環境生活部くらし安全推進課 消費者安全推進室
  TEL:043-223-2293

 ※詳しくはこちら
2016/06/19

【助成】「被災地・被災者支援活動助成金」助成事業募集 (※募集は終了しました)

●対象となる事業
 東日本大震災の千葉県内の被災地、被災者や千葉県内への避難者を
 支援する活動、被災当事者による自立支援活動などを対象とします。
 ※1団体につき1件の応募に限ります。
●対象となる団体
 ・千葉県内で活動するNPO・市民活動団体(法人格、活動年数は不問)
 ・申請した事業を適切に実施できる団体
 ・助成金交付が決定した際に、団体の活動に関する様々な情報を継続的に
  広く社会に発信していく事が出来る団体
 ・当財団によるヒアリング、事業報告書の提出・公表、成果報告会への
  参加に同意すること
●対象事業の実施期間
 2016年4月1日から2017年2月28日の間に実施される事業
 (すでに実施している事業でも期間内であれば申請できます)
●助成金額
 助成総額40万円
 1団体あたりの助成額は上限20万円
●助成対象となる経費
 助成対象経費は申請した事業実施に係る次の費目とします。
 ・会議費(茶菓代含む)、会場賃料、旅費交通費、通信運搬費、備品費、
  印刷製本費、諸謝金、人件費、消耗品費等
 ・人件費のみの申請は対象となりません
●応募受付期間
 2016年6月1日(水)~6月30日(木)必着
●応募方法
 受付期間内に、応募書類を郵送
 ※申込書など、詳細はこちら。
●お問い合わせ
 「被災地・被災者支援活動助成事業」事務局
 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金
 TEL/FAX:043-270-4640
2016/05/19

【助成】障害児者に対する自立支援活動への助成募集 (※募集は終了しました)

●名称 平成28年度上期 助成募集
●支援種別:助成金
●支援元 :公益財団法人 洲崎福祉財団
●応募地域:首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
●応募資格
 ・原則として非営利法人とし、個人及び営利法人は除外。
 ・法人格がない場合でも当財団の理念に沿う公益活動において3年以上の継続的な
  実績と、これを証明する客観性のある資料があり、且つ今後2年以内に法人化する
  予定がある団体は対象。
 ・法人としての年間収益が2億円以上は対象外とします。
 ・助成金受領から、1年間(2期)お申込みはできません。
●支援対象:障害児者に対する自立支援活動(難病支援含む)(当事者団体でも結構です)
●支援金額:1件あたりの上限額200万円 総額1000万円予定(下限額は10万円)
●応募期間:平成28年6月1日から平成28年7月31日(消印有効)
●申込方法:所定の申込書に記入の上、提出書類と共に郵送
※申込書、必要な提出書類などの詳細はこちら。
●お問合わせ
  公益財団法人 洲崎福祉財団 事務局
  電話:03-6870-2019
2016/05/19

【助成】平成28年度「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」 (※募集は終了しました)

生命保険協会から、「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」のご案内です。

この活動は、国家的課題である待機児童問題の解消へ貢献することを目的に、
保育所・放課後児童クラブの受け皿の拡大や質の向上の取組みに対し、
総額を最大2,100万円とした資金助成を行うものです。

1.活動の内容
待機児童問題の解消に向け、保育所または放課後児童クラブの受け皿拡大・質の向上、
および保育所利用者の多様なニーズに対応した保育対策等促進事業を推進する上で必要な
環境整備に対し助成する。
 
2.助成対象と助成金額
(1)保育所設置に係る初期費用[※1]
   1施設当たり上限額350万円(助成金総額 最大700万円)
(2)保育対策等促進事業[※2]に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用[※3]
   1施設当たり上限額35万円(助成金総額 最大700万円)
(3)放課後児童クラブの受け皿拡大や質の向上に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用[※4]
   1施設当たり上限額20万円(助成金総額 最大700万円)
[※1]建築・設備工事費 等
[※2]保育対策等促進事業とは、①休日・夜間保育 ②病児・病後児保育 ③延長保育 ④一時預か
    り保育等、通常の保育に加え、保育所利用者の多様なニーズに対応した環境整備を行う事業。
    なお、認可外保育施設が行う同様の事業も対象とします。
[※3]空調機・机・椅子・整理棚、寝具、乳幼児ベッド・物置等の設備の充実、大型・小型遊具および
    玩具、楽器、絵本や学習教材等
[※4]空調機・机・椅子・整理棚・物置等の設備の充実、大型・小型遊具、楽器、本や学習教材等
 
3.応募資格
 ○助成対象:(1)保育所設置に係る初期費用
  ①社会福祉法人・株式会社・特定非営利活動法人等の法人格を有していること
  ②今回の保育所設置に関して、国・地方公共団体及び他の公的機関等から既に助成の対象と
   なっていないこと
  ③平成28年12月1日から平成29年4月30日までに開園すること
  ④設置後、「認可外保育施設指導監督基準」に基づき保育施設を運営すること
  ※ただし、①~③の条件を満たす場合、認可保育所、地域型保育事業に基づく小規模保育・
   事業所内保育であっても、対象とする。
 
 ○助成対象:(2)保育対策等促進事業に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用
  ①社会福祉法人・株式会社・特定非営利活動法人等の法人格を有していること
  ②以下のいずれかの施設を運営していること
   a. 認可保育所 
   b. 地域型保育事業に基づく保育施設(小規模保育・事業所内保育・家庭的保育)
   c.「認可外保育施設指導監督基準」に基づく保育施設
  ③保育対策等促進事業を実施していること
   ※保育対策等促進事業とは、a.休日・夜間保育b.病児・病後児保育c.延長保育d.一時預かり保育等、
    通常の保育等に加え、保育所利用者の多様なニーズに対応した環境整備を行う事業。なお、認可外
    保育施設における同様の活動も対象とする
   ※新たに保育対策等促進事業を実施する場合、平成29年4月30日までに実施すること
 
 ○助成対象:(3)放課後児童クラブの受け皿拡大や質の向上に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用
  ・「放課後児童健全育成事業実施要綱」に基づき、市町村からの委託事業・補助事業・代行事業(指定
   管理者制度)等の事業形態をとっており、行政からの補助を得て、放課後児童クラブの運営を行って
   いる事業者(法人格の有無を問わない)
 
4.応募方法
 ○公募方式(所定の「助成申請書」に必要事項を記入・捺印し、正本1部・副本(コピー)1部を必須添付
  書類と一緒に、当会へ郵便(簡易書留)にて送付)
 
5.募集期間
 ○平成28年4月20日(水)~6月30日(木)<当日消印有効>
 
6.助成対象法人の選考方法 
 ○学識経験者等(4名)で構成する選考審査会が、保育計画等の選考基準により選考
 
7.選考結果の発表
 ○選考結果は、平成28年11月上旬(予定)に全ての申請施設に対し直接書面にて
  お知らせするとともに、当会ホームページにて公表
 
8.お問い合わせ先
 〒100-0005 千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3階
  生命保険協会「子育てと仕事の両立支援」事務局
 電話:03-3286-2643 FAX:03-3286-2730
 ※詳細はこちら
2016/04/30

【助成】「平成28年度ボランティア参加促進事業」企画提案募集について (※募集は終了しました)

千葉県では、県民の地域活動・ボランティア活動の推進が図られることを目的として、
市民活動団体、社会福祉協議会、学校、企業など様々な主体が実施する、地域活動・
ボランティア活動への参加促進を狙いとした事業について企画案を募集します。

◆募集対象事業
世代を超えた広範な県民(特にボランティア活動の経験が少ない県民)
に対して、千葉県内において、ボランティア活動の意義に関する啓発活動や、
実際にボランティアを体験できる場の提供などを行うことにより、
ボランティア活動への参加を促すことができる内容とする。

◆公募参加資格者
実施要項に掲げる条件をすべて満たしているNPO、学校及び企業。
また複数の団体による共同体も可。
※ここでいうNPOとは特定非営利活動法人、市民活動団体、ボランティア団体、
社会福祉法人、公益法人などのこととする。

◆委託金額の上限等
1団体50万円(税込)(3団体程度を想定)

◆事業の実施対象期間
平成28年7月頃~平成29年3月10日

◆審査方法
応募資格を満たしている事業者から提出された応募書類をもとに
書類審査(1次審査)を行い、1次審査を通過した事業者に対して
プレゼンテーション(2次審査)を実施します。

◆申込み方法
提出書類をご記入の上、持参または郵送
(ファックス、Eメールでの応募は受け付けません)
提出期限:平成28年6月10日(金)必着
※持参の場合は17:00まで

◆応募先及び問い合わせ
千葉県環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班
TEL:043-223-4133
FAX:043-221-5858

◆募集要項・提出書類について
詳しくはこちら。

◆事業説明会
日時:平成28年5月11日(水)15:00~
場所:千葉県庁本庁舎2階「県民活動情報オフィス」
参加申込み
平成28年5月9日(月)17:00(必着)までに「事業説明会参加申込書」をご記入の上、
FAXまたはメールにて。
申込用紙、申込み先はこちらからダウンロードできます。
※事業説明会への参加は必須事項ではありません。
2016/04/23

【助成】第28回 地域福祉を支援する「わかば基金」 (※募集は終了しました)

「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動を展開している
グループが活動の幅を広げるための支援をします。 

■支援内容
①「支援金」部門(7グループほどを予定)
支援金:1グループにつき、最高100万円

②「リサイクルパソコン」部門( ノートパソコン50台ほど)
贈呈台数:1グループにつき、3台まで

③「東日本大震災復興支援」部門(7グループほどを予定)
支援金:1グループにつき、最高100万円

■支援対象
日本国内の一定地域に活動拠点を設け、活発な福祉活動を
進めている以下のようなボランティアグループやNPO。
・高齢者や障害のある人の日常生活や文化活動を支援している。
・福祉情報の提供やネットワークづくりをしている。

■申込方法・締切
申し込み方法:規定の申請書に必要事項を記入の上、当団へ郵送
       (郵送のみ受付)
締切:2016年3月31日(木)必着

■発表
2016年6月末、応募団体に郵送で通知

■選考
当団内に設けた選考委員会で審査の上、支援先を決定します。

■問い合わせ先
NHK厚生文化事業団「わかば基金」係
TEL:03-3476-5955
FAX:03-3476-5956
メール:info@npwo.or.jp

※ 詳細はこちらから。
募集要項や申請書もダウンロードできます。
2016/02/10

【助成】地域活動団体への助成「生活学校助成」 (※募集は終了しました)

「公益財団法人あしたの日本を創る協会」は、近所の一人暮らしのお年寄りや
子どもたちの見守り、ごみの収集や資源リサイクル活動など、身近な地域や
暮らしの課題について、実践活動を通じて解決に取り組む地域活動団体を対象に、
「生活学校」の趣旨に賛同し参加を希望する団体の募集を行い、審査のうえ
当協会から活動経費の助成を行います。

◆事業名
地域活動団体への助成「生活学校助成」

◆対象団体
①身近な地域や暮らしの課題解決に取り組む地域活動団体
②主に地域住民から構成された団体
③政治・宗教活動や営利を目的とする団体は対象から除外します。

◆助成金額
6万円(初年度3万円、2年目3万円)

◆応募締切
2016年1月29日(金)必着

◆申請書の入手方法
下記問い合わせ先までメールでご連絡のうえ、申請書をお取り寄せください。

◆申請方法
次の2点の書類をご提出ください。
①申請書(必要事項を記入)
②これまでの活動がわかる会報または資料等(A4サイズ1~2枚程度)

◆審査および決定通知
応募締切後、申請書類に基づいて審査を行い、助成の可否について通知します。

◆問い合わせ先
公益財団法人あしたの日本を創る協会 生活学校担当
〒106-0031 東京都港区西麻布3-24-20 交通安全教育センタービル4階
TEL03-5772-7201 FAX03-5772-7202
E-mail:ashita@ashita.or.jp
2016/01/07